IT化の長所と短所

hirai post on 12月 6th, 2014

ITの発展がめざましい現代では、私達の生活になくてはならない存在です。
それは日々の暮らしや仕事など、様々な面でIT技術が活用されていることが証明しています。ITを仕事面で活用するには長所はもちろん、反面短所もあるのでそれをよく理解して利用しなくてはなりません。

ITの長所、得意なことは単純作業が速く、しかもミスをしないこと。そして、データを一箇所にまとめておくことができ、接続方法などが分かれば誰でもそのデータを利用できるので社内では大変便利なこと。また紙だとかさばるデータの保存も、インターネット上に保存することで無限に保存して管理することが出来るところです。
さらにメールなどで連絡が簡単に済んでしまいます。締め切りだったり相手がいることの多い仕事面では、特にその迅速性というのは大変便利なものだと思います。

しかし、短所としてはこのデータを保存したり管理したりまとめたりなどを社内の誰にでも分かるようにする作業というのは、専門的な知識が必要になります。
ですので知識を有した人材を確保する必要が有ることと、設備投資に費用がかかること、ウェルスに感染してしまうとデータもダメになってしまうので気をつけなければならないこと、また情報漏えいも対策しなければなりません。

IT化も長所と短所を天秤にかけて考える必要があります。そして大事なことは、短所があるIT化に全て頼らないことです。時には手作業が必要な、手作業のほうがいいときもあります。うまく共存していければいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です